あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融恐慌と衝動

今年の初めに『世界はどうなる』で書いたように
アメリカ発金融恐慌が現実のものとなりました。
私のところでもお金の相談がこれまで以上に増えてきました。

衝動を読めば、お金のトラブルの時期は分かります。
そして半年くらい前から、準備をしておけば
個人レベルであれば、たいていのトラブルは避けることができます。


しかしほとんどの方が、衝動期に入って結果が出てから相談されるのです。

ここでひとりの女性の事例をお話ししましょう。
衝動にひっかかってしまった典型的なパターンです。

A子さん(37歳)は、結婚して10年になる主婦。
子供の手が離れ、パートに出ることになったのですが…

入社して右も左もわからないときに、
いろいろ力になってくれたBさん。

彼は、証券マンだったが、病気を患ってやむなく退職し、
体の調子が少しよくなったので、パートで働き始めたという人でした。

Bさんはとにかく経済のことに詳しい人で、
毎日株をチェックし、自分が投資している会社を
しきりに人にすすめていました。

話を聞いているうちに、彼女は「私も投資してみようかな」
という気持ちが起きてきました。
子供の学費も稼ぎたいし、
たまには新しい洋服も買いたいし。


(ここからがA子さんの悲劇の始まりです)

最初のうちはうまくいってたんです。
銀行と違って信じられないほど利率はいいし。
お金は順調に増えていきました。

人間、お金が増えると欲も増えてしまうものなのでしょうか。
Bさんにもっと儲かるものはないかと尋ね、
外貨建の金融商品など話題の商品には、
ほとんど手をつけるようになりました。

夫に内緒で、生活費の一部もつぎこみました。
それだけではおさまらず、大きな額を投資する方が効率がいいと思い、
不動産を担保に借金してまで投資をするようになりました。

最終的に増える分には何ら問題ないと思っていたのです。
何といっても私には強い味方がいるのですから。

ところが、サブプライムローンの破綻が起きて
何もかもひっくり返りました。
特にNZの投資ファンドや不動産投資信託は
軒並み玉砕のありさまです。

最初に稼いだ分はあっという間に消えていき
完全にマイナスになってしまいました。
今残るのは借金だけです。

毎日請求の嵐でウツ状態になっています。
不動産を担保に入れたことが夫にもばれて、
離婚寸前の状態にあります。
しかしもうどうすることもできません。

何であの時投資なんかしたんだろうと
思ってしまいます。


彼女は投資をはじめるとき、
「自分の人生は自分で作る」と思っていたのです。
愚かにも無意識に振り回されていたことに気がつかなかったのですね。
スポンサーサイト

ペットブーム

最近、空前のペットブームです。
うちにもホームページでお馴染みの
「サクラ」と「大吉」がいます。
かかりつけの動物病院に行けば、
ペットを子供のようにかわいがる人をよく目にします。

ペットを大事にすることは、非常にいいことです。
しかし最近の飼い主たちを見ていると、
ちょっと事情が違うようです。

家族とうまくいかない
仕事がうまくいかない
人間関係がうまくいかない


などのストレスをペットで埋めている人が少なくありません。

ペットの負担はどんどん大きくなってきています。
例えば、ペットの状態を考えずに
遠いところでも自分の行きたいところに連れて行ってしまうとか
おいしい食べ物を過剰に与え、ペットの寿命を縮めてしまうとか
きれいに飼いたいがために、あまり外に出さないとか
いろいろとあります。

それがペットというものだと言ってしまえばそれまでですが、
その飼い主の心はかなりすさんでいると言わざるを得ないでしょう。

ペットをいたわっているようで背景には、エゴイスティックな心が見え隠れしています。
「心のちぎれ」がペットブームに火をつけたとは考えられないでしょうか?

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。