あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝動疾患とは 3

「衝動疾患」という言葉の“疾患”という部分は、
人によっては、嫌な響として聞こえるかもしれませんが、

毎日、リーディングを続けていると
まさに「病」なんだなと実感いたします。

人として生まれた以上、幸せに生きたいのは当たり前で
誰でも、より良く、より恵まれた環境で生きたいと思うもの。

しかし、衝動疾患は、そうさせない「力」なのです。
婚活を例にあてお話ししましょう。

人間は誰でも、時期が来ると、異性と結ばれ新しい巣を作ろうとします。
しかし「接触拒否衝動」という衝動の影響を強く受けている人は、
次のような傾向が強く、巣を作らせないような状況
結婚できないような状況に自らを追いやっていきます。


・うまくいきそうになると関係を壊してしまう
・不倫しか経験したことがない
・男性が恐い、信用できない
・セックスが嫌だ

遠距離恋愛しかできない人も、この中に入るでしょう。

彼女たちは、普通の関係を作り、家庭を持ちたいのです。
しかし、気がつくとこのような状況になっているのです。
スポンサーサイト

衝動疾患とは 2

衝動疾患には、

・心に不都合をもたらすもの
・人間関係に不都合をもたらすもの
・金銭に不都合をもたらすもの
・身体に不都合をもたらすもの

などありとあらゆる分野に亘ります。

また、

・日常的に不都合をもたらすもの
・人生の節目で不都合をもたらすもの

など、時間的な影響の違いによっても分けることができます。

また、

・影響されていることがわかるもの
・影響されていることに気づかないもの

など、認識の程度によっても分けることができます。

このブログでは、人間関係、異性関係に影響をもたらす
衝動疾患を取り上げたいと思います。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。