あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の幅

人の運命は固定されたものではありませんし、
マニュアル化できるものでもありません。


私も占星術を学びはじめの頃は
「Aの星とBの星が○○度の人は、○○だ」とか
「○宮にCの星が入っているから、○○だ」とか
数々のマニュアルを「学習」しましたが、
マニュアルをいくら積み重ねても人の運命は見えてはきません。
その人の無意識が欲していることはわからないのです。
悩み(エネルギーの滞り)を別の言葉で説明しているだけのことなので、
悩みの本質には迫ってはいないのです。

マニュアル化は運命可能性を一つに固定してしまいます。
進める道がたくさんあるのに、一つに断定するわけですから
これにこだわっている限り、
あたるかはずれるかわからない「占い」の
次元は超えることができないでしょう。

私はどのように運命を把握しているかと言えば、
その人の声から受ける感覚をもっとも重視しています。
人の声は無意識のコトバの一つですから、
声を聴いて、どのチャクラにヴァイヴレーションを感じるかで
その人の「その時の」悩みがわかります。

次に占星術チャートから受ける印象を観ます
アスペクトなど細かいことは放っておいて、
チャートから受けた感じを覚えておきます。
こうして、その人の運命可能性のワクをつかみます。

3番目は親から何を受け継いでいるかを考えます
親のチャートがあればそれでよし、
依頼人に聞ければそれでよし、
親から受け継いだもので悩みの深さがわかるのです。

これらをおさえたら、その人の悩みと運命可能性がわかるので
指導の方針は出てきます。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。