あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の全貌

誰でもその人固有の運命傾向を持っています。
依頼者の運命傾向を決めている要素としては

1.初年運・中年運・晩年運のいずれに当てはまるか
2.生まれたときの無意識傾向からくる運命傾向
3.心や行動パターンのクセ
4.恋愛運・財運・社会運など個々の運気が現われてくる時期
5.強制衝動という凶運が現われる時期
6.徳量からくる、運の基礎レベルの強弱、大小
と、こういうものを鑑定で読み取るようにしています。
これ以外に、

7.家系の運命傾向
8.親からの影響

を合わせて見ています。

ここまで見えればその人の未来については、
ほぼ把握できるといっていいでしょう。

これらは1回の鑑定で全て把握できるわけではありません。
親の出生図が必要なとき、数回の鑑定が必要なときなど
何回か鑑定して次第にその人の運の全貌が見えてきます。

しかし人というものはおかしなもので、
自分の運命の傾向を知りたいと思う反面、
すべて把握して伝えようとすると、
ほとんどの人が逃げ腰になってしまいます。

本当に全てを知ってしまったら
希望や夢がなくなってしまうと思うのでしょうか?
ほんの一部の人しか自分の運命と対峙したがらないようです。

だから最近は無理に運命全体を把握しようとはせずに
依頼者のニーズに応じた分だけ見るようにしています。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。