あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金運の質(その2)

投資向きの金運を持っている人でも投資をする時期は、
その人の運気の良い時期でなければなりません。

大きな金運を持っているからと言って、
一生の間ず~っと同じようにお金が入ってくるわけではありません。
金運には浮き沈みがあります。(納得)
(恋愛運、仕事運、健康運すべてそうです。)

だから運気のピークと投資のリターンが重なるようにすることがベストです。
と言うよりも、そうしないと禍があると考えてください。

ここに10億の器の金運を持っている人がいるとします。
彼が10億以上の投資をしたら、それは博打の世界でしょう。
うまくいくことはまれで、ほとんどが地獄への道をつきすすんでいきます。
器を越えた投資は、金運の大小に関わらずタブーです。

さらにその金運も一生を通じて一定ではありません。
つねに変動しているのです。

金運が1億の器に落ち込んでいるときに、
10億の投資をしてしまうこともあるのです。
このように金運が大きいからと言って、投資のリスクがないということはありません。

運気の良い時期には、環境さえ整っていればどんどんお金が入ってきます。
またそういう時期に入ってきたお金は長く手元に残ります。
なぜなら投資の行為そのものが、金運の投影と言えるからです。
しかし運気の悪い時期には、利益を生み出せるような仕掛けを作っていても
不思議にどこからか漏れていきます。

・最初は利益が出ていたが最終的にマイナスになってしまう
・儲けたお金が手元に残らない
・思わぬ出費で消えてしまう

ということが多々あります。

ほとんどの方は、相場の動きと投資のノウハウで売買の判断をされているようです。
大口の投資家の方々は、当然のごとく相場の動きに敏感でしょうし、
しっかりとしたノウハウもお持ちでしょう。

しかし自分自身の運気と照らし合わせて投資をされる方は
ほとんどいらっしゃらないというか、
こういう法則をお知りにならないのだろうと思います。

先物取引やデイトレードなどは俗にいうババ抜きゲームの要素が強いので、
得をする人と損をする人はワンセットの"ゼロサムゲーム"と考えられます。
そういうケースでは、普通の投資よりもなおさら
個人の運気の良し悪しが幅をきかせてくると言えるでしょう。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。