あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり(その1)

最近ひきこもりの若者が増えていると言われますが、
実際そういう人からの鑑定依頼は増えてきています。

私は1冊目の本『無意識の声を聴く咲華占星術入門』の中で
「青年期の複合強制衝動をきっかけに
 心のトンネルに入ってしまうことが多い」と書きました。

ひきこもりに入る人にはいくつかパターンがあります。
ひとつは「新月・満月生まれ」の人です。
彼らは出生図において、太陽と月が同じ度数にありますので、
複合強制衝動が起きやすいのです。

強制衝動がきていないときは安泰だが、やってくるときは
複合強制衝動となることが多いのです。
運の浮き沈みが大きいタイプなんですね。
当然無意識のココロの変動も大きいのです。
それがいいとか悪いとかということは言えません。

最近鑑定した彼も、このタイプでした。
18歳の時に、3つ重なった複合強制衝動をきっかけに
ひきこもりになってしまい、
そこから立ち直るのには数年かかったそうです。

彼が苦しんでいるときに、周囲が常識に当てはめて判断してしまうことは
彼にとって非常に酷だと言えましょう。
そういうことをすると、立ち直るまでに余計時間がかかってしまう。
しかし、そういうケースがなんと多いことか・・・

本人にしてみれば周囲に合わせる余裕もないはずですが。
問題なのは、「頑張らなきゃ」と思うあまり、
頑張れない自分がふがいないと落ち込んでしまうことです。

こういうときはヘタに動いちゃいけない、ジタバタしてもしょうがない。
極端なことを言えば、複合強制衝動に入って、どうしようもないときは寝ていればいい。

彼の場合は、大きな病気をしたと思うくらいでちょうどいい。
強制衝動と言ったって、せいぜい1~2年くらいなのだから。

複合強制衝動は強制衝動よりも数段強い。
まともにぶつかっても所詮、無意識の力にはかなわないのだから。

ご飯さえしっかり食べていればいい。
私はそれだけで充分だと思います。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。