あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり(その3)

ひきこもりになりやすいパターンの3つ目は、
太陽と金星のアスペクトを持つケースです。
特にほとんどオーブ(誤差)がなければ、
非常に甘えが強いタイプと考えていいでしょう。

単純に「甘えが強い⇒ひきこもり」と言えるわけではありませんが、
現在の日本の親は、子供の甘えを助長させてしまいます。
全体的にストレスに弱い子が増えていることは誰の目にも明らかでしょう。
だから甘えのアスペクトを持つ子は、強制衝動などで心の負荷がかかる時期に
現実逃避してひきこもりになる可能性が高いのです。

こういう子の場合、自力で立ち直る気力に欠けるので
親以外の人の影響を受けるなど、甘えを出しにくい環境に身を置くか
甘え上手になって、人間関係や仕事に生かすように持っていくか
何らかの手を講じなければならないでしょう。

この太陽と金星のアスペクトは、
若い人ならひきこもりという形で
年配の人ならウツという形で現れてきます。

アスペクトというのは、身を置いている環境によって現れかたが違います。
今の日本人にとって、太陽と金星の0度というアスペクトは大凶に現れやすいのです。

この他にも日本人の弱点を表すアスペクトは存在しますが、
また折をみてご紹介していきたいと思います。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。