あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運の潮目

2007年ももうすぐ終わりを告げ、節目を迎えます。
新年を迎え、誰しも心新たにされることでしょう。

ところで「運」にも節目があります。
たとえば東洋系の占いでは、2月の節分が年運の始まりです。
咲華運命学においても強制衝動や成功運など、節目の時期は存在します。


暦はあくまでも人間の実生活においてきめたものですが
運はそういう生活の枠でおさまるものではなく、人によってバラバラです。
実際の無意識の動きは暦のように単純なものではありません。


「強制衝動期」という変革期をみてみましょう。
その期間は短いもので8~10か月、
一般的には1年半くらいの期間にわたります。
中には2年3年という長きにわたって
強制衝動期が続いて人生が変革されてしまうこともあるのです。

長さで言えば、もっと長い期間にわたる変革期もあります。
例えば「家系の運命傾向」は、10~20年という期間にわたり
その人と家族の運命を作り変えてしまいます。
その期間は様々な出来事が起きてきます。
一見バラバラに見える出来事が、一本の見えざる手となって
一族の運命を決めていくのです。


運は無意識の力によって決まります
我々の生活の枠と同じ動きをしてくれれば助かるのですが、
枠から外れた動きをすることがほとんどで、
私たちが社会生活を送るうえで支障をきたしたりします。
特に社会的地位の高い人はそうでしょう。

よりよく生きるためには自分だけの暦を知ることが大事です。
それは強制衝動であったり、
サビアンシンボルであったり、
家系の運命傾向であったりします。

新年という心改まる時期に、
自分の暦について考えてみられてはいかがでしょうか。


 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。