あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンション購入

ある会員から、こんな相談を持ちかけられました。

「父がマンションを買いたがっています。
見晴らしがよくて、交通の便もいいので
老後の生活のために今買っておきたいと言うんです。

私は夫の両親と住んでいて、
父と同居してあげられないので
あまり強く反対もできませんし…

今、マンションを買っても大丈夫でしょうか?」


お父さんは明るい老後を夢見ておられるようです。
水を差すようですが、その答えは「NO」です。
今は買う時期ではないと断言します。

あと3年くらいは

1 業者が淘汰される
2 価格が下がる
3 業者の淘汰によって
  管理組合もゴタゴタする可能性がある


また仲介業者も生き延びるために必死です。
値引き、利点、サービスなど、
どんな手でも使って売り込んできます。
それに乗って買ってしまえば、
ババ抜きのババを引くことになります。

私は会員がマンションを買うときは
大体、相場の半値~6割を目安に買える様指導します。
不動産市場が普通の状態のときでもそうですから
今回のような、市場が混乱していくような時期には
相場の3割(3割引とは違います)は当然ではないでしょうか。

もし相場の3割の金額で買えれば、
何があっても貸していけるし、
売っても損失は出ないでしょう。
つまり晩年運に響かないということになります。


高齢者の不動産購入(投資)の怖いところは、
失敗すると、死ぬまでの生活の質を下げることと、
子供の中年以降の生活の質に影響することです。


「えっ?そんなことできるんですか!」と言われる方。
衝動を読めば、この数字は十分可能で
いままでいくつもの実績があります。

この親子の衝動をチェックしてみました。

まず会員(子供)は海王星強制衝動期に入っています。
お父さんも、最近になって急に旅行をし出すなど
地に足がついていない状態になっており
何らかの衝動期に入っている可能性があります。


世の中の状況と個人の衝動をあわせてみても
今買うのはやめておいた方がいいでしょう。

しかし、強制衝動のときはそううまく理屈通りに
見合わせることができないのが実態なのです。

 | ホーム | 

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。