あなたの人生は「衝動エネルギー」で決まる

人生を創る 衝動運命学 入門

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

004 接触拒否衝動 その4 B子さんの接触拒否衝動

「接触拒否衝動」を抱えている方はよくわかると思いますが、
接触拒否衝動とは、その方の男性に対する 「反応」 なのです。

反応である限り、反射的であり、無意識的であります。
自分の心でどうこうできる範疇を超えています。
この反応が、男性との関わるシーンのどこかに現れ、
その人の恋愛パターンを作ります。

【CASE2】
Bさん(30歳)は、21歳から今まで、4名の男性と付き合いましたが、
そのうち3名は不倫関係で,1名は遠距離恋愛でした。

彼女は、遊びのつもりで付き合っていたわけではなく、
結婚を視野に入れての関係でした。

私のところに相談に来たとき、彼女は、
「どうしてこのような関係が続くのかわからない」と言っていました。
しかし、彼女と話した後、Dスコープを見れば、一目瞭然でした。

彼女は強い「接触拒否衝動」を持っており、それは、

・逃れられない関係を築く
・男性性(オスというもの)を拒否する


という2つの相反する趨勢によって出来上がっていました。

逃れられない関係とは、当然、結婚によって集約されていますが、
オス性を拒否したのでは、結婚はおろか、恋愛は不可能です。

私は彼女に、本当にあなたは相手の方が好きだったのか、と質問しました。
彼女は、即座にそうだと言いましたが、本当に愛していたのかという問いには、
自信がないと答えました。

その時、私は、彼女が持つ 「接触拒否衝動」 のことを説明し始めました。

003 接触拒否衝動 その3 強さ

接触拒否衝動の強さは、大まかに5段階に分けることができます。

レベル1~レベル5、の5段階です。

「レベル5」は、そもそも恋愛をしようという気が起きないレベルです。
「レベル1」は、時期や理想像について、ほんのちょっとアドバイスするだけで
恋愛ができるようになるレベルです。
この2つのタイプの方は、さほど問題にはなりません。

問題はこの間の、「レベル2~4」の接触拒否衝動を抱えている方たちなのです。
これらの方々は、無意識の性質を押えた指導がなければ
納得のいく恋愛はできるようにはなりません。
しかし、適切な指導があれば十分に可能です。


もちろん、「レベル4」に近づくほど、無意識の抵抗は大きくなり
「レベル2」の方は、抵抗が弱いことは言うまでもありません。

しかし、「レベル2」の接触拒否衝動をお持ちの方でも、
指導を始める年齢が遅ければ、恋愛や結婚が難しくなることがあります。
彼女たちは、大体、自分がそういう衝動を持っていることを認識していません。
全く恋愛ができないわけではないので、危機感が薄いのです。

また、「レベル4」の接触拒否衝動をお持ちの方でも、
指導のタイミングが、接触衝動や恋愛衝動とうまく合えば、
比較的早期に恋愛が発生させることも可能です。


このように、接触拒否衝動といっても、強さは個々に違い、
それを踏まえた指導をしなければ、納得のいく恋愛や結婚は難しいのです。

002 接触拒否衝動 その2 現れ

「たったひとつの法則」でも述べましたように、
婚活を妨げる最大の力が、接触拒否衝動です。

しかしこの力は、単に男性を拒むという単純なものではなく、
現れ方は、個々に全く異なります。

【case1】
Aさんは、アパレル関係の会社に勤めています。
私のところに最初に相談をされたのは、30歳のときでした。
その頃は、男性と付き合うという次元ではなく、
肩が触れただけでも、ジンマシンが出る始末だったのです。

彼女によると、自分がなぜそうなるのかは、
まったくわからなかったそうです。

しかしDスコープで見れば、いくつもの接触拒否衝動が絡み合っている様がわかりました。


Aさんのように、接触拒否衝動が非常に強いと、
恋愛どころの話ではなくなってしまいます。

001 接触拒否衝動 その1 依頼者全員が接触拒否衝動を持っていた

「幸せな結婚ができる たったひとつの法則」(以下「たったひとつの法則」)
が書店に並んでから1か月が経とうとしています。
この本がきっかけで相談を依頼される方が増えてきました。


共通点は、リーディングを依頼されたすべての方が
「接触拒否衝動」を持っていたということです。
「接触拒否衝動」とは、「もう一人の私」が持つエネルギーで、
当たり前の男性関係を拒む無意識の力です。
(「接触拒否衝動」についての詳細をお知りになりたい方は、「たったひとつの法則」のPART5をお読みください)



これは、過去の私のリーディングデータと、ぴたりと一致します。

リーディングデータとは、

恋愛や結婚がスムーズに進むかどうかは、
「接触拒否衝動」の強さ、方向、性質によって決まる


というもので、リーディングした方のほとんどすべてがこの法則に当てはまります。
恋愛や婚活を成功させるのは、この衝動がどのように働くかで決まるのです。

1 この力が非常に強ければ、そもそも男性関係を作りたいとは思いません。

2 それより少し弱ければ、
  20代前半など、女性ホルモンの旺盛な時期
  恋愛衝動や接触衝動などの恋愛を進める力が強い時期
  短期間の恋愛
 しか成立しませんし、成立しても不安定な関係になってしまいます。

3 この力が弱ければ、男性関係で悩むことがなくなってきます。

私のところに相談にいらっしゃるのは、
(2)の方を含めた、強すぎず弱すぎない接触拒否衝動をお持ちの方たちなのです。

しばらくは、この接触拒否衝動のことを書いていきたいと思います。




『幸せな結婚ができる たったひとつの法則』

衝動婚活の本が完成しました!

book08.gif


「もう一人の私」の声に耳を傾けること
このたった一つの法則さえ守れれば、
あなたは必ず幸せな結婚へと踏み出すことができます。

幸せな結婚ができる たったひとつの法則では、
この法則を実行するための5つのポイントを、
様々な事例も使って、わかりやすくお話ししています。

婚活をどうしても成功させたい、
本当に幸せになれる相手と巡り会いたい、
「もう、無理かも」と思い始めている…
婚活中のすべての女性に、ぜひ手に取っていただきたい本です。

9月上旬、全国の書店に順次入荷予定。
Amazonでは、予約受付中です。


※追記
9月5日 発売になりました。
全国の書店およびインターネット書店でご購入いただけます。
(地域により、店頭に並ぶまでに数日かかる可能性があります)

もうすぐ完成

ようやく、婚活本の校正がおわります。

時間的にも余裕が出たので、ブログをはじめようと思います。

«  | ホーム |  »

プロフィール

小林秀守 (咲華)

Author:小林秀守 (咲華)
サッカアストロサービス主宰の小林です。

衝動エネルギーをマネジメントして
クライアントの問題を解決するのが私の仕事です

タグ

 随想 

ブログ内検索